BUS TOP FARM

おいしいと、笑顔を運びます。
バス会社から生まれた、とびっきりの農園!

  1. ホーム > 
  2. BUS TOP FARMについて

バス事業者がなぜトマトを?

JR九州バスは「安全とサービスを基盤として、地域とともに発展する」を企業理念に、様々なシーンの移動手段としてお客様自身と、それぞれの想いを運んできました。
「BUS TOP FARM」はバス事業だけでなく、健康や美容への効果が期待されているトマトの栽培・提供を通じて地域を元気にしたいという思いで発足しました。
愛情をたっぷりかけて育った高品質なトマトが、「おいしい」と「笑顔」を運びます。

地域のため

私たちの目標は「ただ美味しいトマトを提供するだけでなく、地域を元気にすること」
少子高齢化・後継者不足による農業の問題解決のお手伝いができればとの考えから地域の雇用を促進し、みなさまのお力を借りて、栽培・販売を行います。道の駅や百貨店、もちろんインターネットで購入も可能。ここ九州から、日本全国へ。
元気の輪を広げていくのが目標です!

栽培スタッフの紹介

野菜ソムリエ2名が在籍

「まずは野菜のおいしさや魅力を知り、みんなに伝えられるようになろう!」
畑違いのプロジェクトの始動に先立ち、プロジェクトリーダー2名が「ジュニア野菜ソムリエ」の資格を取得。
トマトをつくる生産者として、そして、その魅力を伝える“消費者との架け橋”の役割を担います。
「バス会社が農業を!?」といった意外性ねらいではなく
野菜・果物の正しい知識を身に付け安全・安心なトマトづくりに、真剣に取り組んでいます。

※日本野菜ソムリエ協会の「野菜ソムリエ養成講座」の改訂により2017年1月10日より「ジュニア野菜ソムリエ」は「野菜ソムリエ」に名称変更いたしました。

専任スタッフの紹介

みやま農場には専任のスタッフが在中しており、お客様に品質の良いトマトをお届けするために、日々研究と挑戦を繰り返しています。
スタッフのリーダーである田中は、農学部出身で長年キュウリの品種改良を担当していたという経歴の持ち主。
他にもイチゴや梨の栽培にも精通しているなど、農業に関する知識と探求心が豊富です。
学生時代は野球部に所属していたという彼は、野球で学んだ「チームを大切にする心」でパートさんたちをしっかりとリードしてくれる頼れる存在です。

農園の紹介

2018年7月より福岡県みやま市へ移転し、JR九州バス株式会社みやまアグリ事業所(屋号BUSTOPFARM)として再スタートいたしました。

BUS TOP FARM  みやま農園
■所在地:福岡県みやま市山川町清水2160-1
■面積:6,160㎡
■棟数:11連棟